TAKACHAN VOLLEYBALL BLOG

毎日必死に練習しても全く上達しなかった私が関東大学1部に通用するサイドスパイカーになったサイドスパイカー上達法

スパイク時にかぶって打ってしまう人の特徴とは?【バレーボール】

 

【”Mr.R”コーチングBlog】
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

taka001139.hatenablog.com

精神的な悩み/極度の緊張/イップス
ネガティブ/目的/目標/自分らしさ
(お役に立てれば幸いです)

 

 ※新しくサイトを移転しました(@^▽^@)

 【公式サイト】 熱血!バボ部
あなたの夢を本気で叶える
バレーボール上達法・練習法
(こちらの画像をクリック)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

f:id:takatyann0011:20180307210504j:plain

 

 

【限定プレゼント】
コツ満載!バレーボール
㊙︎スパイク上達練習法
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

f:id:takatyann0011:20180307215134j:plain

 

 

あなたが抱えている
全てのスパイクの悩み解決!?
”スパイク上達のまとめ記事”はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


 

 ========================

 

 

 

 

つもブログを見て頂いて
ありがとうございます!

 

バレーボールコーチのTAKAです。

 

 

今回はスパイクについてです。

 

スパイクを決める技術として様々なものがありますが、

「ブロックが見える」という技術があります。

 

f:id:takatyann0011:20170119200647j:plain

 

 

速い平行トスも高い2段トスも、

常にブロックが見える状態で打つ

 

バレーボールのトッププレイヤー達は

常にブロックが見える状態でブロックを見て

インナーにスパイクを打ったり、

 

ブロックの間を見てブロックの間に

スパイクを打ったり、

 

ブロックを見てブロックアウト

取ったりしています。

f:id:takatyann0011:20170119200807j:plain

 

 

バレーボールを始めて

最初からブロックは見える訳ではありません

 

ブロックの見えない選手

ブロックを見えている選手にはない特徴がありま。

 

あなたはこのまま読み進めることで、

ブロックを見えるようになる

キッカケを作ることが出来、

 

ブロックの脇やブロックの間、

ブロックを利用してブロックアウト

取ることが出来ます

 

そして、

バレーボールの試合では

あなたにトスが上がるたびに

スパイクポイントを量産し

 

チームを勝利に導くことが出来ます。

f:id:takatyann0011:20170119201209j:plain

 

 

 

 

しかし、

ここで読むことを辞めてしまうと

 

相手ブロックが見えることが出来ない

原因がいつまでも分からず、

 

試合であなたにセッターがトスを上げても

ブロックが見えないので、

 

ブロックにシャットアウトされてしまったり、

 

ネットとの距離感が分からないため

ネットにスパイクをかけてしまって

ミスをしてしまったりします。

f:id:takatyann0011:20170119201420j:plain

 

あなたがこの話を聞いて

ブロックが見えるようになりたいのであれば、

このままお読み下さい。

 

それでは、

ブロックが見えていない選手の特徴とは?

 

それは

”顔が天井を向いている”です。

 

スパイクを打つ時、天井を向いているのです。

 

スパイクは相手のコートに打ちます。

 

相手のコートはあなたからすると前にあります。

 

スパイクを前に打つ。

 

スパイクを前に打ちたいのにも関わらず顔は天井を向いている。

 

なんかおかしくありませんか?

f:id:takatyann0011:20170119202538j:plain

 

スパイクを自分の前の方向に打ちたいのに、

ボールを見ている顔は天井を見ている。

 

これが”ブロックが見えていない選手の特徴”なのです。

 

バレーボールを始めたばかりの小学生や

中学生のスパイクを見ると、

ほとんどの選手の顔が天井を見ています

 

 


 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

では

どのようにすれば被っていることが改善されるのか?

 

それは”ボールを体の前で捉える”です。

f:id:takatyann0011:20170119202110j:plain

 

かぶっている選手はボールを捉える位置が

頭の上か頭の後ろにあります。

 

ボールを打つ位置がコートのある前ではなく、

頭の上や頭の後ろにあるため、

前にあるブロックが見えないのです。

 

ボールを打つ位置が

体の前になるようにする練習があります

 

それは”体の前でボールをキャッチする”です。

 

スパイクを打つことはせず、

ボールをキャッチすることで

体の前でスパイクを打つことに意識がいくため、

 

かぶることが早くなおります。

 

是非練習でスパイクを打つ際に、

かぶりをなおすために

 

体の前でボールをキャッチして

改善してみて下さい。

 

今日も最後まで読んで頂き

ありがとうございました。