TAKACHAN VOLLEYBALL BLOG

毎日必死に練習しても全く上達しなかった私が関東大学1部に通用するサイドスパイカーになったサイドスパイカー上達法

必見!スパイクパワーを上げる為のフォームとは?《バレーボール》

 

【”Mr.R”コーチングBlog】
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

taka001139.hatenablog.com

精神的な悩み/極度の緊張/イップス
ネガティブ/目的/目標/自分らしさ
(お役に立てれば幸いです)

 

【公式サイト】 熱血!バボ部
あなたの夢を本気で叶える
バレーボール上達法・練習法
(こちらの画像をクリック)
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

f:id:takatyann0011:20180307210504j:plain

 

 

【限定プレゼント】
コツ満載!バレーボール
㊙︎スパイク上達練習法
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

f:id:takatyann0011:20180307215134j:plain

 

 

あなたが抱えている
全てのスパイクの悩み解決!?
”スパイク上達のまとめ記事”はこちら
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


 

 

==================

 

 

つもブログを見て頂いて
ありがとうございます!!

 

バレーボールコーチの TAKAです。

 

 

 

あなたはパワーのある
スパイクを打てていますか?

 

ボールにパワーが十分に乗ったスパイクで
得点を取ることは出来ているでしょうか?

f:id:takatyann0011:20180403224838j:plain

 

あなたはおそらく、


「スパイクのパワーを上げたい!」

「力強いスパイクを打ちたい!」

と少なからず思っているでしょう。

 

 

スパイクパワーを
上げたいと思っているあなたは
今まで色々なこと試してきたと思います。

 

筋トレをしてみたり、
今とは違う打ち方をしてみたりと。

 

 

1つ言えることですが、

”現状で正しい力の入るフォームで
スパイクを打てていなければ

いくら筋トレをしても
力強いスパイクを修得することは出来ません。”

f:id:takatyann0011:20180401214840j:plain



 


 

 

これはハッキリ言えます。

 

もしも筋トレをして筋トレのおかげで
筋肉がついて力強いスパイクが打てたとしても、

正しいフォームを修得していなければ
体に負担がきてケガの原因になります

 

体に合った自然体のフォームでなければ
体に負担がくるのは当然です。

 

体全体でスパイクを打つのではなく、
手だけでスパイクを打つ手打ちスパイクも
同様のことが言えます。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

 

は、どうすればいいのか?

 

それは、
”自然な体の動きに合った
力の入るフォームを修得する必要がある”
のです。

f:id:takatyann0011:20170216203513j:plain



 

 

もしも、
今のあなたにスパイクパワーがついたら
どのような選手になると思いますか?

 

1度イメージしてみて下さい

 

今まで味わったことのない
相手コートに突き刺すスパイクを打つことが出来る。

 

相手ブロッカーが痛がるような
ブロックアウトを修得することが出来る。

 

相手レシーバーを弾いて
ボールが観客席まで行くような
力強いスパイクを打てるようになる。

f:id:takatyann0011:20180403230519j:plain

 

 

 

 

イメージしだしたら
止まらないほどいっぱい出てくると思います。

 

そのイメージした選手になりましょう!

 

あなたが望むのであれば
なりたい選手になりましょう!

 

あなたが本気ならなれます

 

その為の方法はそろっています。

 

 

 


 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

 

は今回のブログタイトルにあるように、
”スパイクパワーを上げる為のフォーム”
をご紹介します。

 

 

それは、
”上半身を大きく開いた
パワーを120%ボールに伝えるフォーム”
です。

 

 

簡単に言うと、

腕の動きだけでなく
大胸筋(胸の筋肉)、背筋、腹筋を連動させて
上半身の筋肉全てをボールに乗せるフォームです。

f:id:takatyann0011:20180403224838j:plain

 

腕の筋肉だけを使った
手打ちスパイクはスパイクの威力が弱く
簡単に相手レシーバーに拾われてしまいます。

 

相手ブロックに当てて
弾き飛ばすスパイクを打ちたいとしても、

手打ちスパイクでは限度があるのです。

 

 

そこで今回ご紹介する
”上半身を大きく開いた
パワーを120%ボールに伝えるフォーム”は、

 

スイングする腕の筋肉に加え、
大胸筋、背筋、腹筋など

上半身全ての筋肉を
自然体の動きで連動させることで、

今までに感じたことのない
パワー溢れるスパイクを打つことが出来るのです。

f:id:takatyann0011:20180401223918j:plain

 

 

実際のスパイクの動きに合わせて
力強く打てるスパイクフォームの動きをご紹介します。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

〈スパイクパワーを上げる
スパイクフォームの流れ〉

 

1、スパイク助走を行いバックスイングをする

f:id:takatyann0011:20180403232422j:plain

 

2、空中でグーっと伸びるようにバックスイングを上へ振り上げる

f:id:takatyann0011:20180403232718j:plain

 

3、左手はグーっと上に伸ばしながら
利き腕を後ろに引くようにして上半身を大きく開く

f:id:takatyann0011:20180403232927j:plain

 

4、左手をお腹付近に引くと同時に
利き腕をボールに振り下ろしてスパイクを打つ

f:id:takatyann0011:20180403233219j:plain

 

 

以上がスパイクパワーを上げる
スパイクフォームの流れです。

 

流れで1番大事にして欲しいのが、

3番目の
”左手はグーっと上に伸ばしながら
利き腕を後ろに引くようにして上半身を大きく開く”
です。

 

この動きがとても重要になります。

 

利き腕を後ろに引いて
上半身を大きく開けるかどうかで、

スパイクを打つ時のボールへの
力の伝わり方が全く変わってきます

 

上半身の持っている力を120%活かすために
上半身を大きく使って力強いスパイクを打ちましょう。

 

 

 


 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

 

今回ご紹介したこの
スパイクパワーを上げるスパイクフォームは、

今すぐに実践出来ることです。

 

上達する選手はすぐ実行に移します

f:id:takatyann0011:20170203145917j:plain

 

すぐ実行に移すから上達のスピードも速く
成長スピードも速いのです。

 

あなたの今すぐ実践して
あなたが求める選手になれるように
上達して下さい。

 

スパイクフォームの流れの
1〜4に沿って練習をして下さい

 

あなたが上達してくれることを期待しています。

 

今回も最後まで見て頂いて
ありがとうございました。

 

 

〜おまけ〜

”TAKAオススメYouTube動画”

ブラジルVSロシア

ネット側にトスが上がっても
落ち着いて処理してポイントを取る。

トスが離れても
スパイクを決める術を沢山熟知してるから
難なくスパイクポイントを取る。

 

色々と見る視点を変えると面白い。