TAKACHAN VOLLEYBALL BLOG

毎日必死に練習しても全く上達しなかった私が関東大学1部に通用するサイドスパイカーになったサイドスパイカー上達法

キレのあるスパイクが打てるようになるコツとは?《バレーボール》

 

 

 

 

つもブログを読んで頂き
ありがとうございます!!

 

バレーボールコーチのTAKAです。

 

 

今回は
”キレのあるスパイクが打てるようになるコツ”
をご紹介します。

f:id:takatyann0011:20180404195237j:plain

 

 

 

「キレのあるスパイクを打ちたい!」
と思ってあなたはこのブログを
見ていると思いますが、

 

ある1つのコツを実践することで
キレのあるスパイクを打つことが出来ます。

 

 

 

キレのあるスパイクを打ちたいと思った時に
よく間違いを起こしてしまう例として、

スパイクを打つ時に思いっきり力を入れて
スパイクを打とうとする選手がいます。

これは間違いです。

f:id:takatyann0011:20180401214840j:plain

 

 

 

 

 

スパイクを打つ時に
体全体に力が入りすぎていると

体がこわばって自然な動きが
出来なくなってしまう為、

スパイクの動きが遅くなってしまいます。

 

 

これは本当に気を付けて下さい。

 

 

試合中での大事な場面と思っている時に
体に力が入ってしまうと、

体に入った力みによって
今までの自然な動きが出来なくなってしまい
ミスに繋がってしまいます。

 

 

どんな場面でもですが、

力みすぎず自然な動きでスパイクを
打つことは基本だと言えます。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

 

れでは、
”キレのあるスパイクが打てるようになるコツ”
をご紹介します。

 

 それは、
”スパイクを打つ前はリラックス状態で
スパイクを打つ瞬間に力を入れる”
です。

f:id:takatyann0011:20180404195237j:plain

 

 

 

 

 

詳しく説明すると、

トスが上がってきて助走を始めて
バックスイングの動きからジャンプをして、

腕を振り上げて打つ前の動作までは
力みのないリラックスした状態で行う。

 

スパイクを打つ瞬間は
ボールを叩く為スイングに力を加えます。

 

 

 

 

この時のポイントで、

スイングする時は腹筋に力を入た勢いで
上半身を引き締めるようにして、

腹筋→大胸筋→スイング→手首

という動きにキレを出します。

 

腹筋がスタートになるので
スパイクを打つ瞬間に腹筋に力を加えます。

 

そうすることで
体も使えておりキレのある
スパイクが打てるようになります。

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

 

 

1本1本のスパイク練習で
実践してみて下さい。

 

リラックスした状態から力を加えることで
筋肉の瞬間的な反応によりキレが増し、

スイングが速くなります。

 

なので、
キレのあるスパイクが打てるようになるのです。

 

 

今日の練習でこのコツを実践して下さい。

 

 

”キレのあるスパイクが
打てるようになるコツ”

は、

”スパイクを打つ前はリラックス状態で
スパイクを打つ瞬間に力を入れる”
です。

 

 

 

 

キレのあるスパイクを修得し
速いスピードのスパイクが打てるようになることで、

今までよりの速いトスが打てるようになったり、

相手ブロックが完成する前に
スパイクを打つことが出来ます。

 

そうすることで
スパイク決定率が上がるのです。

 

スパイク決定率が上がれば必然的に
試合に勝つ確率が上がります。

 

 

 

あなたが叶えたい目標は何ですか?

 

 

あなたが叶えたい目標を叶えませんか?

 

f:id:takatyann0011:20170217182449j:plain

 

 

 

あなたのキレのあるスパイクで
あなたの目標を叶える為に
今日の練習から実践していって下さい。

 

今日も最後まで見て頂いて
ありがとうございました。