TAKACHAN VOLLEYBALL BLOG

毎日必死に練習しても全く上達しなかった私が関東大学1部に通用するサイドスパイカーになったサイドスパイカー上達法

【バレーボール】リベロを弾きとばす!スパイクパワーの上げ方のコツ

 

 

はじめに

 

f:id:takatyann0011:20181124004018j:plain

 

あなたは今自分の持っている力を
最大限に活かしてスパイクを打つことは出来ているでしょうか?

 

自分の体を上手く使いこなしているでしょうか?

 

どれだけ重いものを持ち上げる力を持っている選手でも
スパイク力が弱い選手はいます。

筋力=スパイク力
ではないのです。

 

自分の体、筋力をどのように使いこなすか?
ということなのです。

 

自分の持っている力を
最大限に活かせることが出来れば、

スパイク決定率が上がることにも繋がるのです。

 

 

 

 

スパイクパワーを上げるコツ

 

f:id:takatyann0011:20181124004120j:plain

 

 

では実際にどのようにして
スパイクパワーを上げるのか?

それは、
”上半身の筋肉を大きく使う”
ということです。

 

上半身の筋肉を大きく使う
ということはどういうことかというと、

手打ちではなく、

右腕、左腕、上半身の体の開きを連動させて
大きな力を生み出してスパイクを打つということです。

 

 

 

〈備考〉
手打ち→上半身全体の動きを使わず、腕の力だけでスパイクを打つこと。

 

 

 

スパイクを打つ時に上半身を大きく開くことによって
上半身全体の筋肉が開きます。

筋肉が開いた状態からスパイクを打つことで、
筋肉が縮こまり大きなパワーを生み出すことが出来ます。

 

実際に上半身全体の筋肉を使って
スパイクを打ってみると実感しますが、

ボールに力が乗っているのが分かります。

スパイクパワーを上げる為に
実際にやってみて下さい。

 

 

 

パワーを上げるスパイク動作の流れ

 

では実際にどのように上半身を動かして
スパイクを打つとパワーが上がるのか?

ステップに分けてご紹介します。

 

 

 ステップ1:まずバックスイングからの振り上げで左手を高く上げる

 

f:id:takatyann0011:20181123230646j:plain

スパイク助走を行なってジャンプをして
空中への上昇途中では

バックスイングからの腕の動きをそのまま利用して
左手を高く上げます。

そうすることで高くジャンプ出来ますし、
空中姿勢が良くなり理想のスパイク姿勢を作ることが出来ます。

 

 
 
 

 ステップ2:胸を大きく開きパワーが生まれやすい状態を作る

 

f:id:takatyann0011:20181124004018j:plain

 

上半身の胸を大きく開いて
大きなパワーが生まれやすい状態を作ります。

 

ここで上半身が縮こまった状態にしてしまうと
大きなパワーが生まれず

力の乗ったスパイクを打つことが
出来なくなってしまうので

意識して胸を開くようにして下さい。

 

 

 

 

 ステップ3:上げていた左手を胸まで引きつけ、右腕でボールをスイングする

 

f:id:takatyann0011:20181124004615j:plain

 

・左手の力
・上半身の胸の力
・右腕の力
を全てボールにぶつけてスイングします。

 

上半身全体でスパイクを打つ為、
ボールに力、そして重みの乗ったスパイクを
打つことが出来るのです。

 

 

 

最後に

 

いかかだったでしょうか。

 

是非練習で実践して下さい。

実践してみてスパイクパワーが上がることを実感して下さい。

 

そして自分のスキルとして修得して、
試合では力の乗ったスパイクを何本も打ち

スパイクポイントを量産して下さい。

 

今回も最後まで見て頂いて
ありがとうございました。