TAKACHAN VOLLEYBALL BLOG

毎日必死に練習しても全く上達しなかった私が関東大学1部に通用するサイドスパイカーになったサイドスパイカー上達法

【バレーボール】スパイクジャンプの時に空中で左手を伸ばす4つの意味

 

 

はじめに

この記事は右利きのスパイカーに向けて書いています。

 左利きの選手は記載されているやり方の
 反対の動きを行うようにして下さい。

 

f:id:takatyann0011:20181124193634j:plain

 

スパイクを打つ時に
スパイク助走をすると同時に
バックスイングを行いジャンプをします。

 

ジャンプをしている空中では
多くの選手が利き腕とは
逆の腕を高く上げているのを良く見ます。

 

この逆の腕は
なぜ高く空中で伸ばしているのか?

 

その動作には4つの意味があるのです。

 

今回は、
”スパイクジャンプ時の空中で左手を伸ばす4つの意味”
についてご紹介します。

 

 

 

 

スパイクジャンプ時に空中で左手を伸ばす意味

 

1、高くスパイクジャンプが出来る

f:id:takatyann0011:20181124213405j:plain

 

 

空中で左手を伸ばし
高く上げることで、

高くジャンプをすることが出来ます

 

バックスイングからの流れで
そのまま左手を高く上げることで、

バックスイングで
腕を振り上げた勢いを
殺すことなく

空中でグーっと伸びるように
ジャンプが出来るのです。

 

 

 

 

 

2、滞空力のあるスパイクジャンプが出来る

f:id:takatyann0011:20180403232927j:plain

 

 

左手を伸ばし
高く上げることで、

滞空力あるジャンプが
出来るようになります。

 

逆に左手が下がっている状態で
ジャンプしていればどうでしょうか?

 

体の重心が下がってしまうので
滞空力のあるジャンプをすることが
出来なくなってしまいます。

 

左手を上げることは
体の重心を上げて滞空力のある
ジャンプをすることに繋がるのです。

 

 

 

 

3、スパイク時の空中姿勢を綺麗に保つ

f:id:takatyann0011:20170217183903j:plain

 

 

左手を高く上げて
ジャンプすることで、

空中姿勢を綺麗に保つ
ことが出来ます

 

左手を高く上げることで
腰が曲がったり折れたり
することがなく、

真っ直ぐな状態を
保つことが出来ます

 

逆に左手が下がってしまうと
左側に体が倒れて、

綺麗な空中姿勢を保つことが
出来なくなってしまうのです。

 

 

 

 

4、スパイク時にボールとの距離を測る

 

f:id:takatyann0011:20181124193458j:plain

左手を高く上げて
ジャンプをすることで、

ボールとの距離を測ることが出来ます

 

 

どういう意味かというと…

 

仮に空中で左手が
上がっていない状態だとすると、

空中での視界では
ボールだけが見えている
ということになります。

 

もちろんボールが見えていれば
スパイクを打つことが出来ます。

 

 

ですが、
左手を高く上げて
ジャンプをすることで、

視界にはボールと左手が
見えている状態になります

 

このボールと左手が
見えている状態ですと

ボールとの距離感が
とても掴みやすくなるのです。

 

 

 

最後に

 

いかかでしたか?

 

スパイクジャンプ時の空中で
左手を伸ばす4つの意味を

知っているか知っていないかで
スパイクの質がかなり変わってします

 

この記事を見て頂いたあなたは
この4つの意味を意識して
スパイクを打ってみて下さい。

 

最後まで見て頂いて
ありがとうございました。