TAKACHAN VOLLEYBALL BLOG

毎日必死に練習しても全く上達しなかった私が関東大学1部に通用するサイドスパイカーになったサイドスパイカー上達法

【バレーボール】スパイク助走のバックスイングで助走のキレと高いジャンプを生み出すコツ

 

 

はじめに

 

f:id:takatyann0011:20181124223600j:plain

 

 

 

バレーボールの
主な得点源として
スパイクがあります。

 

どのチームの
サーブカット練習をするのも
レシーブ練習するのも、

スパイクまでボールを上げて繋いで
スパイクポイントをものにしたいからです。

 

 

このスパイクを決定する為に
まずはスパイクの動作として
助走からスタートします。

 

この助走があって
高くジャンプすることが出来、

高い打点から
スパイクを打つことが出来、

最後にスパイク決定に
繋げることが出来ます。

 

今回はこのスパイク動作のスタートである
”スパイク助走のキレと高いジャンプを生み出す方法”
についてご紹介します。

 

 

 

 

スパイカーの本心

 

f:id:takatyann0011:20181124221702j:plain

 

 

スパイカーであれば、

 

「もっとジャンプしたい!」

 

「相手ブロックの上から
スパイクが打てるようになりたい!」

 

と思っていると思います。

 

 

バックスイングの動作を
一工夫することで、

高さのあるジャンプ
をすることが
可能になります。

 

 

 

スパイク助走を工夫して高くジャンプすることが出来れば!

 

f:id:takatyann0011:20181124223516j:plain

 

 

あなたがスパイク助走を一工夫して
高くジャンプすることが出来れば、

 

今までブロックを交わすことで
精一杯だったのに、

ブロックの上から
スパイクを打つことが出来たり、

ブロックを弾き飛ばすスパイク
打つことが出来たりします。

 

 

 

しかし、この後の
”スパイク助走のバックスイングで
高さのあるジャンプを生み出す方法”
を頭に入れただけで実践しなければ、

 

あなたは今までと何も変わりません。

 

 

どんな知識も知っているだけでは
意味がありません。

 

あなたが頭にインプットしたことを
アウトプットとして行動に移さなければ

この方法を知っていたとしても
意味がないのです。

 

 

行動に移さなければ
知らないことと一緒です。

 

知った知識を実行した選手
成功を手にします

 

 

行動に起こし実行しなければ
今と何も変わりません。

 

この後の
”スパイク助走のバックスイングで
助走のキレと高いジャンプを生み出す方法”
を知ったら、

即実行して下さい。

 

 

そうすることで、
あなたの現状から変化が起こり
成長していくのです。

 

 

あなたが必ず実行することを
念頭に置いてこの後の方法を
ご紹介させて頂きます。

 

 

 

 

 

では、スパイク助走の方法をご紹介します

 

 

スパイク助走のバックスイングで
助走のキレと高いジャンプ力を生み出す方法とは?

 

 

それは、
”バックスイングの振り上げを速くする”
です。

 

f:id:takatyann0011:20181124224026j:plain

 

 

バックスイングは、
腕を体の後ろに振り下げてから
振り上げる動作です。

 

この動作の振り上げる動作
速く振り上げて下さい。

 

 

 

スパイクジャンプは
高く上にジャンプをするのが
目的なのに、

バックスイングの振り下げだけを速くして
振り上げを遅くしては意味がありません

 

 

バックスイングの
振り上げを速くすることで、

振り上げた腕は
天井のある上方向に伸びていきます

 

 

バックスイングの速く振り上げた腕と
助走ステップが連動して
高くジャンプすることが出来るのです。

 

 

 

 

 

スパイク助走の練習方法

 

今回ご紹介したバックスイングを
修得するにあたっての
練習方法をご紹介します。

 

ステップ1:まずはジャンプをしないで地上でバックスイングの振り上げを速くする練習をする

 

f:id:takatyann0011:20181124224109p:plain

 

 

バックスイングを振り上げた勢いで
体が持ち上がるくらい速く行なって下さい

 

 

ステップ2:速く振り上げるバックスイングを意識してスパイクジャンプをする

 

f:id:takatyann0011:20181124224057j:plain

 

空中で体が伸び上がることを意識する

 

 

ステップ3:実際にスパイクを打つ

 

f:id:takatyann0011:20181123230550j:plain

 

スパイクを打つことよりも
あくまでバックスイングの練習ですので、

バックスイングの振り上げ
意識して行なって下さい

 

 

 

最後に重要なこと

 

これまで
”スパイク助走のバックスイングで助走のキレと
高いジャンプを生み出す方法”
をご紹介してきました。

 

後はあなたが実行して
このバックスイングを修得するのみです。

 

 

先程の言いましたが
行動に移さなければ
意味がありません。

 

知っているだけで実行しなければ
この知識は無意味です。

 

 

なので、やることはただ1つ。

実行して下さい。

 

このバックスイングを修得することで
助走の動きが1テンポ速くなり
高さのあるジャンプが出来るようになります。

 

 

さらには、
今までよりも高さのあるスパイクが打て
ブロックを弾き飛ばすスパイクを決めたり、

ブロックの上からスパイクを打って
決めたりすることが可能になります。

 

 

是非実行して
この方法を自分のモノにして下さい。

 

最後まで読んで頂いたあなたなら
実行して頂けると信じています。

 

最後まで見て頂いて
ありがとうございました。