TAKACHAN VOLLEYBALL BLOG

毎日必死に練習しても全く上達しなかった私が関東大学1部に通用するサイドスパイカーになったサイドスパイカー上達法

【バレーボール】”バッチリ”タイミングが合うようになるスパイク練習法

 

 

タイミングが合うスパイク練習方法をご紹介する前に…

 

f:id:takatyann0011:20181126230437j:plain

 

スパイクを打つ時にタイミングが合っていないと、
なかなか高さを活かした力強いスパイクを
打つことが出来ません。

 

助走に入るのが速くなってしまうと、
トスの落ちぎわにスパイクを打ってしまうので
低い打点で弱々しいスパイクになってしまいます。

 

 

逆に助走に入るのが遅れてしまうと、
ジャンプをしている途中でスパイクを
打たなくてはいけなくなってしまうので、

 

高さの活かしきれていないボールを
返すだけのスパイクになってしまいます。

 

 

トスとのタイミングを合わせることが出来れば、
最高到達点(ジャンプをして1番高い打点)で
力強いスパイクを打つことが出来ます

 

 

スパイクを打つ時にタイミングが”合う”、”合わない”で
かなりのスパイクに影響が出てくるのです。

 

 

 

 

 

スパイクでタイミングが合うことの”良い点” ”悪い点”

 

f:id:takatyann0011:20181126230533j:plain

 

 

”タイミングが合うことの良い点”

 

・高さを最大限に活かしてスパイクを打てる
・ボールに力の乗ったスパイクを打てる
・高さがある為、広範囲にスパイクを打てる
など

 

 

”タイミングが合わないことの悪い点”

 

・高さが失われる
・力が入らない
・弱いスパイクしか打てない
・相手コートに返すだけになってしまう
など

 

スパイクを打つ時のタイミングが”合う”、”合わない”では
結果が一目瞭然です。

スパイクを打つ時にタイミングをバッチリ合わせて
あなたのスパイク能力を最大限に活かせるようにしましょう

 

 

 

 

スパイクでタイミングの合わない選手が行う間違った練習

 

f:id:takatyann0011:20181126230818j:plain

 

 

「スパイクを打つ時にタイミングが合わなくて困っている。」

「タイミングを合わせるにはどうしたら良いですか?」

という選手が多くいます。

 

その選手達がタイミングを合わせる為に
行なっている練習が間違っているのです。

その間違った練習をしていることに
選手自身は気付いていません。

 

その練習とは?

それは、
”普段行なっているスパイク練習”
です。

普段行なっているスパイク練習は
スパイクを上達させる為には
とても効果的なのですが、

タイミングを合わせる為の
練習では間違っています

では、
タイミングを合わせる為の練習は
どのようなことを行えばいいのか?

この後お伝えします。

 

 

 

 

では、スパイク練習方法をご紹介します

 

”バッチリ”タイミングが合うようになるスパイク練習法とは?

 

それは、
”助走してボールをキャッチする練習”
です。

 

f:id:takatyann0011:20181126234617g:plain

 

 

助走してボールをキャッチする練習は、
タイミングを合わせることに特化した練習なのです。

 

逆に普段行なっているスパイク練習は
スパイク動作が多く考えることが多い為
タイミングを合うようになるには時間がかかってしまいます。

 

最短でタイミングを合わせるようにするには、
タイミングに特化した練習を行う必要があるのです。

 

 

 

 

 

スパイク練習の内容を比べてみましょう

 

 助走をしてボールをキャッチする練習

 

f:id:takatyann0011:20181126234617g:plain

 

 

助走をしてタイミングを合わせる練習
→タイミングを合わせることに特化した練習

 

 

 

  

普段行なっているスパイク練習

 

f:id:takatyann0011:20181126235044j:plain

 

・助走をする
・ジャンプする
・打つコースを考える
・スイングする
など
→やることが多い為タイミングを合わせることは難しい

 

なので、タイミングを合わせるようになるには
タイミングを合わせることに集中した練習を
行う必要があるのです。

 

 

 

 

”スパイク練習のコツ”

 

f:id:takatyann0011:20181126234617g:plain

 

 

タイミングを合わせる練習

助走してボールをキャッチする練習×1日×20回
を行うようにして下さい。

 

この練習を行なっている選手を見かけることがありますが、
やっている回数が少なすぎます。

 

最低でも20回は行なってタイミングを
合わせることに特化した練習を行わなければ、
タイミングを合わせることが出来ません。

 

なので、
最低20回は行うようにして下さい。

 

 

 

 

タイミングが合うスパイク練習のまとめ

 

”バッチリ”タイミングが合うようになるスパイク練習法
助走をしてボールキャッチする練習

 

※タイミングを合わせることに特化した練習を行う必要がある

助走してボールをキャッチする練習×1日×20回

 

 

 

タイミングが合うことで
今まで出来なかったことが
沢山出来るようになります。

この練習はとても簡単な練習法ですので、
今日の練習で今すぐやってほしいです。

 

そうすることでスパイクの上達が
グンと早くなります。

 

是非すぐに実践して
結果に繋げて欲しいと思います。

 

最後まで見ていただいて
ありがとうございました。