TAKACHAN VOLLEYBALL BLOG

毎日必死に練習しても全く上達しなかった私が関東大学1部に通用するサイドスパイカーになったサイドスパイカー上達法

スパイク助走のバックスイングで助走のキレとジャンプの高さを生み出す方法【バレーボール】

イドスパイカーとして本気で成長したい!

サイドスパイカーとして上達するための練習法を知りたい!

というあなたにプレゼントがあります!!

本気の方に受け取って欲しいです

数量限定のプレゼントの受け取りはこちらをクリック

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

》》》サイドスパイカー上達法プレゼント《《《

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

================================

 

いつもブログを見て頂いて

ありがとうございます!

 

タカです。

 

レーボールの主な得点源として

スパイクがあります。

f:id:takatyann0011:20170202161135j:plain

 

どのチームもサーブカット練習をするのも

レシーブ練習をするのも

 

スパイクまでボールを上げて繋いで

スパイクポイントを繋げたいからです。

 

このスパイクを決定するために

まずは助走からスタートします。

 

この助走があって高くジャンプすることが出来、

高い打点からスパイクを打つことが出来、

最後にスパイク決定に繋げることが出来ます。

f:id:takatyann0011:20170119154508j:plain

 

今回はこのスパイクの動作を行う時に

"助走のキレとジャンプの高さを生み出す

バックスイングの方法”についてお伝えします。

f:id:takatyann0011:20170202165549j:plain

 

スパイク助走をする時の

バックスイング動作を1つとっても

 

スパイクを打つ為に

バックスイングはとても重要な役割

をはたしています。

 

バックスイングは

ただスパイクを打つための

タイミングを取っているのではありません

 

スパイクの助走のキレを増すことにも

繋がっていますし、

 

高くジャンプすること

にも繋がっていますし、

 

空中にどれだけ長く跳んでいられるかの

滞空力にも繋がっています。

f:id:takatyann0011:20170202165745j:plain

 

スパイク助走のバックスイングは

とても重要な役割を担っています。

 

バックスイングの動作1つで

スパイクの結果が大きく左右されます。

 

 

 

この後の

“スパイク助走のバックスイングで

助走のキレとジャンプの高さを生み出す方法”

 

を読み、

今後の練習で実践することで、

 

まずスパイクを打つまでの動作が速くなります

f:id:takatyann0011:20170119154508j:plain

 

今までスパイクを打っていたトスよりも

1テンポ速いタイミングのトスを

打つことが可能になります。

 

1テンポ速いタイミングでスパイクを打つことで、

相手ブロックが完璧に完成する前に

スパイクを打つことが出来ます。

 

相手ブロックが完成する前に

スパイクが打てる様になると、

 

相手のブロックとブロックの間が空いているところに

スパイクを打って決めることが出来たり、

f:id:takatyann0011:20170126181802p:plain

 

相手ブロックの手の出し方がネットに対して

斜めになっているところに

スパイクをぶつけることで

 

スパイクポイントを取ったりすることが出来ます。

f:id:takatyann0011:20170119200647j:plain

 

もう1つは

今までよりも高くジャンプする

ことが出来ます。

f:id:takatyann0011:20170120182431j:plain

 

スパイカーであれば

「もっとジャンプしたい!」

「相手ブロックの上からスパイクが

打てる様になりたい!」

f:id:takatyann0011:20170202171245j:plain

 

と思っていると思います。

 

バックスイングの動作を工夫することで

高さのあるジャンプをすることが可能になります。

 

高くジャンプすることが出来れば、

今までブロックを交わすことで精いっぱいだったのに

 

ブロックの上からスパイクを打つことが出来たり

ブロックを弾き飛ばすスパイクを打ったりことが出来ます。

f:id:takatyann0011:20170131175201j:plain

 

 

しかし、この後の

 

“スパイク助走のバックスイングで

助走のキレとジャンプの高さを生み出す方法”

聞いただけで実践しなければ

 

あなたは今までと何も変わりません

f:id:takatyann0011:20170202171821j:plain

 

情報は知っているだけでは意味がありません

 

インプット

(あなたが他から得た情報を頭に吸収すること)

したものを

 

アウトプット

(インプットしたものを行動として表すこと)

しなければ

 

この情報を知っていても

意味がありません

 

知らないことと一緒です。

 

情報を知り実行した人が成功を手にします

f:id:takatyann0011:20170202172347j:plain

 

行動に起こし

実行しなければ今と何も変わりません

 

この後の

“スパイク助走のバックスイングで

助走のキレとジャンプの高さを生み出す方法”

 

を聞いたら、

即実行して下さい

f:id:takatyann0011:20170202172742p:plain

 

そうすることで

あなたの現状から変化が起こり

成長していくのです。

 

あなたが必ず実行することを念頭に置いて

この後の話を書かせていただきます

 

 

 

では紹介します。

 

“スパイク助走のバックスイングで

助走のキレとジャンプの高さを生み出す方法”

とは

 

 

それは

“バックスイングの振り上げを速くする”

です。

f:id:takatyann0011:20170202173011j:plain

 

バックスイングは

腕を振り下げてから振り上げる動作です。

 

この動作の振り上げる動作

速く振り上げて下さい。

f:id:takatyann0011:20170202173735j:plain

 

スパイクジャンプは高く上にジャンプするのに、

バックスイングの振り下げを速くして

振り上げを遅くしては意味がありません

 

バックスイングの振り上げを速くすることで、

振り上げた腕は天井のある上に伸びていきます

f:id:takatyann0011:20170202174045j:plain

 

バックスイングの速く振り上げた腕と

助走ステップが連動して

高くジャンプすることができるのです。

 

 

 

なたは陸上競技ハンマー投げ

見たことはありますか?

f:id:takatyann0011:20170202174303j:plain

 

ハンマー投げをする時に、

最初はゆっくりな回転からスタートして

 

徐々に回転のスピードが上がってきて

回転がトップスピードに達したところで

ハンマーを離して投げます

 

ハンマーを遠くに飛ばすために

回転の速さを上げるのは必須になります。

 

 

しかし、

 

このハンマー投げの途中の段階の

回転がトップスピードに入る前の状態

(回転が不十分な状態)で

 

ハンマーを投げたらどうなるでしょう

f:id:takatyann0011:20170202174845j:plain

 

ハンマーは全く飛ばないでしょう

 

 

スパイク助走のバックスイングも

これと同じようなことが言えます

 

高くジャンプする(上にジャンプする)には、

バックスイングの振り上げのスピードが必要

f:id:takatyann0011:20170202173735j:plain

 

ハンマーを遠くに飛ばすためには、

回転の速さが必要

f:id:takatyann0011:20170202175113j:plain

ということになります。

 

ご理解頂けましたでしょうか?

 

 

このバックスイングを

修得するにあたっての

練習法公開します。

 

、まずはジャンプはしないで

バックスイングだけをするようにして下さい。

f:id:takatyann0011:20170202175439p:plain

(もちろんバックスイングの振り上げを速くして下さい)

(バックスイングを振りあげた勢い

体が持ち上がるくらい速く行って下さい)

 

バックスイングを速くすることを意識して

ジャンプして下さい。

f:id:takatyann0011:20170131235918j:plain

(空中で伸びあがることを意識して下さい)

 

実際にスパイクを打ちます

f:id:takatyann0011:20170202165745j:plain

(スパイクでボールを打つことよりも、

あくまでバックスイングの練習ですので

バックスイングの振り上げを意識して行って下さい)

 

 

 

ここまで

“スパイク助走のバックスイングで

助走のキレとジャンプの高さを生み出す方法”

をご紹介しました。

 

後は

あなたが実行して

このバックスイングを修得するのみです。

f:id:takatyann0011:20170202180217j:plain

 

先ほども言いましたが、

行動に起こさなければ

意味がありません

 

知っているだけで実行しなければ

この情報は無意味です。

 

実行して下さい

f:id:takatyann0011:20170202180408j:plain

 

この

バックスイングを修得すること

 

助走の動きが1テンポ速くなり、

高さのあるジャンプが出来るようになり

 

今までより高さのあるスパイクが打て、

ブロックを弾き飛ばしてスパイクを決めたり

 

ブロックの上からスパイクを打って

決めたりすることが可能になります。

f:id:takatyann0011:20170119171037j:plain

 

是非実行して

この情報をあなたのモノにして下さい。

 

このブログを

最後まで読んで頂いたあなたなら

実行して頂けると信じています

 

今日も最後まで読んで頂き

ありがとうございました。

 

=================================

イドスパイカーとして本気で成長したい!

サイドスパイカーとして上達するための練習法を知りたい!

というあなたにプレゼントがあります!!

本気の方に受け取って欲しいです

数量限定のプレゼントの受け取りはこちらをクリック

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

》》》サイドスパイカー上達法プレゼント《《《

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑